パソコンで予約携帯予約
チケットのお求め方法託児サービス友の会ご案内

主催事業アーカイブ(2016年以前) > 星のホール

音楽
演劇
映画
古典芸能
美術
文芸
インタビュー
動画

CINEMA SPECIAL

続 小説を、観る。 〜文豪作品が原作の映画特集〜

大佛次郎『帰郷』『風船』

日本文学が誇る文豪。川端康成、谷崎潤一郎、夏目漱石、泉鏡花、森鷗外。
その名著を原作として、時に忠実に、時に大胆に手を加え、
いずれ劣らぬ監督が作り上げた、文芸映画を集めてみました。
かつて夢中で読んだ名作がスクリーンの中で鮮やかに蘇り、
今も忘れ得ぬ名文が、あなたの胸に新しい息吹を吹き込む。
その、薫り高き名画の数々を、ぜひ、お楽しみください。

大佛次郎
作家写真提供:
公益財団法人 日本近代文学館

[昼の部完売]
本公演は終了しました

大佛(おさらぎ) 次郎(じろう)『帰郷』『風船』
2016年10月15日(土) 昼の部11:00〜 / 夜の部16:00〜

【全席指定】 各回 会員=900円 一般=1,000円 学生=800円
各回2本立て / 昼夜入替制 
*未就学児は入場できません。
【上映時間】 『帰郷』昼の部11:00〜12:44 夜の部16:00〜17:44
『風船』昼の部13:20〜15:10 夜の部18:20〜20:10
【お客様へ】 上映に際しましては、試写を行うなど最善を尽くしておりますが、
製作年数が古いため、フィルムの状態(映像・音声)が悪い場合がございます。
ご了承のうえ、ご覧いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

大佛次郎
1897年(明治30年)10月9日神奈川生まれ。東京大学卒業後、教員、外務省勤務を経て作家に転身、現代小説のほか時代小説や童話など幅広く執筆した。代表作は『鞍馬天狗』『パリ燃ゆ』『天皇の世紀』など。1964年、文化勲章受章。1973年4月30日永眠。享年75歳。

【特別協力】 東京国立近代美術館フィルムセンター
【協 力】 松竹株式会社、東宝株式会社、東映株式会社、日活株式会社、株式会社KADOKAWA、
有限会社独立プロ名画保存会、株式会社ひばりプロダクション、公益財団法人 日本近代文学館

『帰郷』(1950年/104分/白黒/35mm/松竹)

『帰郷』
©1950松竹株式会社
【監 督】 大庭秀雄
【原 作】 大佛次郎『帰郷』
【出 演】 佐分利 信、木暮実千代、津島恵子、
徳大寺 伸、三井弘次、山村 聰

戦時中、上官や同僚の汚職の罪を一身に背負い、海外での隠遁生活を余儀なくされていた守屋(佐分利)は、以前一度だけ会った女(木暮)と偶然再会したことで、新たな運命の糸に巻き込まれていき……。やがて終戦を迎え、日本に戻った守屋だったが、その後も彼の人生は「戦争」に翻弄され続けていく。

『風船』(1956年/110分/白黒/35mm/日活)*東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品

『風船』
©日活株式会社
【監 督】 川島雄三
【原 作】 大佛次郎『風船』
【出 演】 森 雅之、三橋達也、芦川いづみ、
新珠三千代、北原三枝、左 幸子、二本柳 寛

戦後、苦しい時期を経て実業家として成功した男(森)は、親の下で働き、何不自由ない生活を当然だと言わんばかりに振る舞う息子(三橋)の、ある心無い言動を目の当たりにして……。川島監督ならではの乾いたトーンで、真に満ち足りた生活とは何かを問いかける、飽食した今の時代にこそ響く、傑作である。

【MITAKA ARTS NEWS】

YouTube で見る

三鷹市芸術文化センター
星のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»