パソコンで予約携帯予約
チケットのお求め方法託児サービス友の会ご案内

主催事業アーカイブ(2016年以前) > 太宰治文学サロン

音楽
演劇
映画
古典芸能
美術
文芸
インタビュー
動画

太宰治文学サロン

桜桃忌 太宰治作品朗読会 第24回・第25回

山田誠浩

[応募締切]①第24回6月3日(日) ②第25回6月10日(日)
*当日消印有効

① 第24回 2012年 6月16日(土)
② 第25回 2012年 6月23日(土)

【出 演】 山田誠浩(朗読家、元NHKエグゼクティブアナウンサー)
【時 間】 各回18:00開演(18:45終演予定)
【作 品】 「人間失格」(抜粋)※第24回と25回は異なる内容です。
【定 員】 各回25名 参加費無料 ※応募者多数の場合は抽選
【応募方法】 連続公演ではありませんので、各回ごとにお申込みください。
往復はがきに、ご希望の回、住所、氏名、電話番号、参加希望人数、
返信用はがきにも宛先をご記入の上
〒181-0013 三鷹市下連雀3-16-14 グランジャルダン三鷹1階
太宰治文学サロン朗読会係宛にお送りください。
*ご応募はお1人様1通のみ。はがき1枚につき2名様までお申し込み可。
【お問合せ】 太宰治文学サロン0422-26-9150

6月は桜桃忌が営まれ、全国から太宰の愛好者が集まります。

この時期、太宰治文学サロンでは作品朗読会を開催しています。今回は昨年ご出演いただいた、元NHKエグゼクティブアナウンサーで大河ドラマのナレーションも務めた、山田誠浩氏に「人間失格」を2週にわたってご披露いただきます。

太宰治が三鷹の地で亡くなったのは、昭和23(1948)年6月で、「人間失格」連載さなかのことでした。主人公・大庭葉蔵に太宰の生き様が投影されていると話題になった本作を、桜桃忌の時期に山田氏の熟練された朗読で味わってみてはいかがでしょう。

山田誠浩(よしひろ)(元NHKエグゼクティブアナウンサー、朗読家)

37年間現役のアナウンサーとして、大河ドラマ「おんな太閤記」、NHKスペシャル「銀河宇宙オデッセイ」などのナレーション、「私の本棚」「ラジオ文芸館」の朗読、「ラジオ深夜便」アンカーなどを務める。 2000年からフリーランスアナウンサーとして、「NHKスペシャル」「こころの時代」「知るを楽しむ」「視覚障害者のみなさんへ」など、主にNHKの番組のナレーター、インタビュアー、キャスターとして活躍。ラジオ第一の朗読番組「ラジオ文芸館」では、13年にわたって演出・語りを担当した。 2002年から、東京・明大前のキッドアイラックアートホールで「山田誠浩 朗読への招待」を定期的に開催する他、全国のホール、ホテルなどで公演を行っている。若い人たちに朗読の魅力を知ってもらうため、中高生向けの公演にも力を入れている。 青山・横浜のNHK文化センター、朝日カルチャーセンターでは、朗読・ナレーションの講座も担当している。

太宰治文学サロン

〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-16-14
グランジャルダン三鷹1階
☎・Fax0422-26-9150
busアクセスMAP»