パソコンで予約携帯予約
チケットのお求め方法託児サービス友の会ご案内

主催事業アーカイブ(2016年以前) > 星のホール

音楽
演劇
映画
古典芸能
美術
文芸
インタビュー
動画

CINEMA SPECIAL 日本の女優 高峰秀子

デコちゃんと呼ばれ愛された天才子役は、やがて日本を代表する女優に。
惜しまれつつ昨年12月28日に亡くなった高峰秀子が、大人の女を見事に演じきった2作品。
その姿を、その演技を、ぜひ、スクリーンで。

高峰秀子

[チケット発売日] 会員11/10(木) 一般11/11(金)

高峰秀子『女が階段を上る時』『放浪記』
2011年12月23日(金・祝) 昼の部11:00/夜の部16:00開演

【全席指定】 各回 会員=900円 一般=1,000円 学生=800円
各回2本立/昼夜入替制/途中休憩あり
  *未就学児は入場できません。
日本の女優 映画特集 プログラム 年間スケジュール

高峰秀子
1924年北海道生まれ。29年野村芳亭監督『母』に子役でデビュー。以来、数多くの作品に出演し名作を生んだ。女優引退後は、エッセイストなどとしても活躍した。

【各回2本立て】

『女が階段を上る時』(1960年 / 111分 / 白黒 / 東宝)

女が階段を上る時
©東宝株式会社

【監 督】 成瀬巳喜男
【脚 本】 菊島隆三
【出 演】 高峰秀子、森 雅之、仲代達矢 ほか

愛酸いも甘いも知り尽くした、銀座のバーの雇われマダム(高峰)。 客の男や後輩のホステス、そして金の無心ばかりする家族に足を取られながらも、それでも前を向いて、日々をしたたかに生き続けていく…。高峰に宿る女の凄みを、成瀬演出が見事に開花させた傑作。

『放浪記』(1962年 / 124分 / 白黒 / 東宝)

放浪記
©東宝株式会社

【監 督】 成瀬巳喜男
【原 作】 林 芙美子
【出 演】 高峰秀子、田中絹代、小林桂樹 ほか

林芙美子の自伝的小説の映画化。貧しい境遇の中から、誰にも頼ることなく生き続けた少女時代から、見栄ばかり張る情けない男たちを振り払い、やがて大作家への道を歩んでいく大人の女としての林芙美子を、高峰がじっとりと、腰の据わった芝居で生き映す。自分を傷つけてしまう母親を淡島が見事に演じきる。

三鷹市芸術文化センター
星のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»