VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 風のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア第74回定期演奏会出演メンバー発表

2017年1月 6日風のホール音楽・ホール担当(mamitalia)

あけましておめでとうございます。
2017年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2017年最初の音楽VOICEでは、きたる3月11日開催の
トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア第74回定期演奏会の出演予定メンバーについてお知らせしたいと思います。


【音楽監督・指揮、ピアノ独奏】沼尻竜典
【コンサートマスター】水谷 晃
【ヴァイオリン※50音順】石亀協子、楠 尚子、小林玉紀、中川和歌子、中島 麻、納富彩歌、
松井利世子、美島佑哉、村上祥子、山本はづき、ほか4名(後日発表)
【ヴィオラ】馬渕昌子、安藤裕子、柳澤崇史、阪本奈津子、安藤美佳、青木史子
【チェロ】丸山泰雄、金子鈴太郎、海野幹雄、奥田なな子、佐古健一
【コントラバス】黒木岩寿、片岡夢児、小栗亮太
【フルート】小池郁江
【フルート、ピッコロ】山本 葵
【オーボエ】金子亜未
【オーボエ、イングリッシュホルン】桜田昌子
【クラリネット】澤村康恵、糸井裕美子
【ファゴット】藤田 旬、小林道子
【ホルン】山岸 博、上里友二、小川正毅、梁川笑里
【トランペット】高橋 敦、杉本正毅
【トロンボーン】小田切寛之、菅 貴登、古荘恭英
【ティンパニ】(後日発表)
【パーカッション】(後日発表)

今回取り上げるバッハの"G線上のアリア"、ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』をご存じの方はとても多いことと思います。いわゆる「名曲」といわれている作品ですが、テレビやラジオ、レコード、カセット、CD、DLしたものでしか聴いたことのないという方がもしいらっしゃいましたら、ぜひ、ご自分の目の前で演奏されるオーケストラによる、迫力ある生演奏をぜひ体験なさってみてはいかがでしょうか?

トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニアは風のホールを拠点に活動しているオーケストラです。
音楽監督で指揮者の沼尻竜典氏とともに、ホールの響きとともにこのオーケストラ固有のサウンドを作り上げてきました。
そして、扉を開けると木の香りが漂う温かい空間が皆さまをお待ちしています。心地よい木の香りが漂う中で音楽を聴いていると、様々な感情が沸き起こったり、その音楽に導かれるかのように過去の思い出がよみがえってくるということもあるかもしれません。

"扉の向こう"には日常生活からちょっとだけ離れた、オーケストラの生音に包まれる別世界が広がっています。今春、「風のホールでしか聴けないオーケストラ・サウンド」をぜひ聴いてみませんか?皆さまのお越しを心よりお待ちしております!!


TMP_all.voice.jpg
第73回定期演奏会(2016年7月30日)出演メンバーよりphoto:Yusuke Takamura
新たに加わる演奏者については、追ってこのVOICEのページでお伝えします。
公演情報はこちらをご覧ください。⇒ target="_self">http://mitaka.jpn.org/ticket/1703111/


三鷹市芸術文化センター
風のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»