VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 風のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

演奏曲目決定!!『テンペスト~inspired by THE TEMPEST』             (新・音楽劇「テンペスト~THE TEMPEST」)

2016年1月30日(土)17:00開演/1月31日(日)15:00開演

2015年12月17日風のホール音楽・ホール担当(mamitalia)

『ハムレット』『オセロー』『マクベス』『リア王』の四大悲劇を書いた稀代の劇作家、シェイクスピアが、来年2016年に没後400年を迎えます。

この記念すべき年に、三鷹市芸術文化センターではバロックとモダン二つのヴァイオリンの名手、佐藤俊介さん(ヴァイオリン)と、あらゆる鍵盤楽器に精通し、作曲、指揮、舞台演出など八面六臂の活躍をする音楽家、鈴木優人さん(ピアノ、チェンバロ)、二人の共同企画として、シェイクスピアが生涯最後に手掛けた戯曲『テンペスト』をテーマとした音楽とダンスで綴るステージをお贈りします。

本日のメインテーマに触れる前に、これまでの流れをほんの少しだけ、まとめてみました。

□■11月某日、都内某所■□
佐藤、鈴木両氏と共に、次代の演奏家として世界で活躍中の吉田誠さん(クラリネット)と懸田貴嗣さん(チェロ)の二人も合流し、曲目や舞台のイメージ等について話し合うキックオフ・ミーティングを開催。

□■さらに12月某日■□
古楽の枠にとらわれない選曲を行い、実際に「テンペスト」に触発されて作曲された作品だけでなく、演奏家それぞれが「テンペスト」から発想される音楽を選んで演奏していこう!という流れが自然と出来上がりました。

お待たせしました。
皆様に新しい情報をお知らせします!演奏曲目の発表です!!

***********

佐藤俊介&鈴木優人 共同企画
『テンペスト~inspired by THE TEMPEST」

ポール・モラヴェック:『テンペスト幻想曲』より第1曲「エアリエル」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番ニ短調op.32-1『テンペスト』より第3楽章
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティ―多第2番ニ短調BWV1004より「ジーグ」
メシアン:『世の終わりのための四重奏曲』より「鳥たちの深淵」
ソレール:ファンダンゴ
C.P.E.バッハ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ロ短調より第1楽章
パーセル:セミ・オペラ『テンペスト、または魔法の島』Z.631より「そなたを二度と傷つける星はなく」
メシアン:『世の終わりのための四重奏曲』より「イエスの不滅性への賛歌」 ほか

※演奏曲目はやむを得ず変更となる場合もございます。予めご了承ください。
***********

コンテンポラリーダンサーの加賀谷香さんと、どのように絡んでいくのかはお楽しみに!!

チケットのお求めは、こちらからどうぞ!http://mitaka-art.jp/ticket/
次代を担う演奏家たちが、魔法や妖精が登場するシェイクスピア最後の戯曲『テンペスト』から発想される音楽を選び、ダンスとともにイマジネーション豊かに表現します。
三鷹でしか体験のできない2ステージに、どうぞご期待ください。

三鷹市芸術文化センター
風のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»