VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 風のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ第69回定期演奏会【2015年3月15日】

今回の演奏会で使われるティンパニについて

2015年3月14日風のホール音楽・ホール担当(mamitalia)

いよいよ明日、3月15日(日)に本番を控えるトウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ(TMP)。
本日リハーサルを終え、明日のゲネプロ、本番を待つばかりとなりました。

ところで、先の投稿におきまして、
今回のTMPではちょっといつもと違う「何か」が見られるかも・・・というようなことを書いておりましたが、皆様は、通常、TMPの公演で使われているティンパニをご存じですか?実は、TMPが普段の公演で使っているティンパニは、ウィーン式ティンパニと呼ばれるもので、通常よく見られるペダルで音を替えるティンパニとは異なり、ハンドルを回して音程を替えるシステムを採用しているティンパニです。

リハーサル初日のことです。ベートーヴェンの交響曲第1番を演奏した際、今回指揮をされる鈴木秀美さんと、TMPの首席ティンパニ奏者の久保昌一さん(NHK交響楽団首席ティンパニ奏者)が話し合われて、急遽、この作品に求められる「音」のイメージにより合う音の出せる楽器に替えることとなったのです。そこで、今回はこの写真にある少し小さ目の可愛らしいティンパニが登場することになりました。

この楽器は、なんと、久保さんのご自宅にある楽器だそうで、リハーサル初日終了後に秀美さんが久保さんのご自宅に出向き、お二人で今回の演奏会のために楽器を選ばれたとのことでした。

さて、どんな音が聞こえてくるでしょうか?
それは・・・・・・・ヒミツ!もちろん、本番までのお楽しみです♪

明日は天気予報から「雨」マークが消えたとか!?
皆様お誘いあわせのうえ、ご来場ください。

三鷹市芸術文化センター
風のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»