VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 風のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ第69回定期演奏会―C.P.E.バッハ、ハイドン、ベートーヴェン 18世紀の交響曲の魅力に迫る!

本日、リハーサル初日です。

2015年3月12日風のホール音楽・ホール担当(mamitalia)

音楽担当のmamitaliaです。

頬をなでる風はまだ少し冷たいですが、ほんのりと春の匂いすら感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨年4月に開催した阪哲朗/指揮、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズと若手歌手によるフレッシュなステージで展開したモーツァルトの歌劇『魔笛』(演奏会形式)からスタートした平成25年度(2014年4月~2015年3月)も今月でおしまいです。

今月の当財団主催公演は、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ第69回定期演奏会(鈴木秀美/指揮、3月15日)、みたかジュニア・オーケストラ第13回スプリング・コンサート(3月22日)の二つです。

本日は、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズのリハーサル初日を迎えます。今回の演奏曲目は18世紀のシンフォニーをテーマにプログラムが組まれています。
C.P.E.(カール・フィリップ・エマヌエル)・バッハ:シンフォニア ニ長調Wq.183/1, H.663
ハイドン:交響曲第45番「告別」嬰ヘ短調Hob.I:45
ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調op.21

今回お贈りするプログラムにあるC.P.E.バッハのシンフォニアやベートーヴェンの交響曲第1番は、大編成のオーケストラの公演では取り上げられる機会もなかなか恵まれていないような気がいたします。いわゆる誰でも知っている(有)名曲がずらっと並んでいなくても、もともと小さな編成のオーケストラのために書かれた作品の、軽やかで時にちょっぴり過激な(!?)、また時にユーモラスだったりするこの時代のシンフォニア、シンフォニーを「食わず嫌い」の方がもしいらっしゃるのであればぜひ、「味わって」いただけると嬉しい・・・そう思います。

その昔、
「おせちもいいけど、カレーもね」というCMがありました。
「大編成のオーケストラもいいけど、チェンバー・オーケストラ(室内オーケストラ)もいいね」と感じてくださる方を少しずつ増やしていきたいです。各楽器の掛け合いの面白さや18世紀の音楽の革新的なムーブメントの感じられる演奏会になると思います。皆様お誘いあわせのうえ、ぜひ劇場に足をお運びいただけますと嬉しいです。

公演の詳細、チケット料金等の情報は下記をご覧ください。
http://mitaka.jpn.org/ticket/1503150/


三鷹市芸術文化センター
風のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»