VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 風のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

横山幸雄ピアノ・リサイタル・シリーズVoyage vol.9

2015年2月 8日風のホール音楽・ホール担当(Ayumi.Y)
横山幸雄 ©Masafumi Nakayama

ピアニスト横山幸雄によるシリーズ企画"Voyage"は、"ショパン"と"ショパンに影響を受けた作曲家"というコンセプトのもと、名曲はもちろん、知られざる作品も幅広くご紹介しています。

第9回は、ショパンと今年生誕170年を迎えるフォーレのピアノ作品がメインです。
フランスに生まれ演奏家・指導者として活躍しながらピアノ曲や声楽曲、室内楽作品などを残したフォーレ。それに対し、ポーランドで生まれ育ちピアニストとして活躍したショパンは、作品のほとんどがピアノ曲でした。

今回は、冒頭と最後にフォーレとショパンの「バラード」が配置され、その間ではそれぞれの「即興曲」「ノクターン」「舟歌」を対にしてお楽しみいただきます。ピアノの幅広い音域を活かし、装飾音を多用することで音の動きに変化をつけることを得意としたショパン。一方、フォーレは調性を変化することで旋律に彩りを加えました。特に「フォーレの「即興曲」は、ショパン特有の細やかで美しい旋律を彷彿とさせ、ショパンの影響が窺える作品です。
後半の作品は、主題とその旋律が型を変えながら演奏される「変奏曲」というスタイルに則っ
た作品をお贈りします。

フランスとポーランドが生んだ誇り高き作曲家2名の作品をじっくりと味わえるコンサート。
大変貴重な機会になること間違いありません!

前回(第8回)のアンケートより
・フォーレは美しい中に情熱的なところが好きです。期待通りの演奏を楽しみました。(三鷹市在住・女性)
・今回のフォーレのように、あまりよく知らない曲を聴いてみたいです。(三鷹市在住・40代男性)
・全て素晴らしくフォーレの世界を楽しめた。(東京都以外在住・30代女性)
・フォーレという方がとってもおしゃれでいらしたことがわかりました!
アンコールを含めて全部5人の波長が一つになって素晴らしかったです。
(東京都以外在住・60代女性)
・ピアノ五重奏曲が大変良かった。数年前、同じメンバーの演奏を聴いた時はフォーレの
良さが全くわかりませんでした。じわじわとこの曲が好きになって、もう一度聴きたい!と
思っていたので嬉しい。ありがとうございました。(23区内在住・40代女性)

横山幸雄ピアノ・リサイタル・シリーズ Voyage vol.9
2月15日(日) 15:00開演

・公演詳細、当日の演奏曲目はこちら
http://mitaka.jpn.org/ticket/1502150/

三鷹市芸術文化センター
風のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»