VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 風のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

【急告】メンバー変更のお知らせとお詫び

ベルリン・フィルハーモニー・ブラームス・アンサンブル

2013年11月 8日風のホール音楽・ホール担当(mamitalia)

平素より当財団の事業にご支援、ご厚情を賜り誠にありがとうございます。

きたる11月17日(日)15時より三鷹市芸術文化センター 風のホールにて開催いたします
『アンドレアス・オッテンザマー with ベルリン・フィルハーモニー・ブラームス・アンサンブル』公演に
出演を予定しておりましたヴァイオリン奏者のラッヘル・シュミットの身内に不幸があり、
現在、全ての演奏活動を休止しているとの連絡が、アンサンブルよりございました。
遺された家族とともに励まし合いながら、シュミットはできるだけ早い復帰を目指しておりましたが、
やはりまだ悲しみが癒えず、今月のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のアジア・ツアーへの
参加と、そのツアー中に行われるブラームス・アンサンブルとしての演奏も断念せざるをえなくなり
ました。

シュミットの代役として、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第一ヴァイオリン奏者である
バスティアン・シェーファーが演奏いたします。

お客様には、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げますとともに、何卒事情を
お察しのうえ、ご理解賜りますよう心よりお願い申し上げます。
あらかじめ公演のチケットをご購入のお客様におかれましては、上記の旨をご了承いただき、
出演者変更後の公演にもぜひとも変わらぬご期待をいただけますよう重ねてお願い申し上げます。
 
なお、公演日時、曲目などの変更はございません。

お問い合わせは、公益財団法人三鷹市芸術文化振興財団(℡0422-47-5122)まで
お願いいたします。

プロフィール
バスティアン・シェーファー
(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 第1ヴァイオリン、1987 年入団)
http://www.berliner-philharmoniker.de/en/orchestra/musician/bastian-schaefer/

5歳のとき、父と祖父よりヴァイオリンの手ほどきを受ける。
学業を修めたのち、ケルンでイゴール・ オシムに、ベルンでマックス・ロシュタールに師事する。
オーケストラでの活動のほか、いくつかの室内楽アンサンブルでも演奏している。

Bastian Schäfer
His father and grandfather introduced him to violin playing when Bastian Schäfer was five
years old. After finishing school he studied with Igor Ozim in Cologne and Max Rostal in
Berne. Alongside his orchestral duties, Schäfer plays in several chamber ensembles.

今般ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げますとともに、
何卒事情をお察しのうえ、ご理解賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

※ホームページは現在、更新作業中です。

2013年11月7日(木) 
公益財団法人 三鷹市芸術文化振興財団

三鷹市芸術文化センター
風のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»