VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 風のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

【エル・タンゴ】ようこそ、レオナルド・グラナドスさん!

エル・タンゴ リハーサル@三鷹市芸術文化センター

2012年9月 6日風のホール音楽・ホール担当(mamitalia)

みなさま、こんにちは。
音楽担当のmamitaliaです。

エル・タンゴ、
今日からリハーサル会場が芸文センターとなり、
朝10時から音出しが始まっています。


リハーサルは7曲からなる「エル・タンゴ」からスタートしています。
今日は、初めてヴォーカルのレオナルド・グラナドスさんの生の歌声を聴くチャンス!


しびれます・・・・・・・。


既に、小松亮太さんがオフィシャル・ブログhttp://ryotakomatsu.eplus2.jp/で,
今回のライヴの主軸メンバーの方々をご紹介なさっていますが、
恐らくは今回のライヴでお客様の多くは初めて生の歌声を聴かれるであろう、
レオナルド・グラナドスさんの映像を改めてご紹介いたします。


http://www.youtube.com/watch?v=vv-BM43xUkk&feature=related

「首の差で」「想いの届く日」「ボルベール」を歌っています。
3分経ったところでグラナドスさんが登場します。

---

リハーサル室の空調についてスタッフが尋ねると、
「僕はどんな状況でも楽しめるから大丈夫だよ」
とおっしゃったようです。


素敵過ぎます。。。。。。

『エル・タンゴ』は朗読、歌と12人のソリストのために書かれた一大組曲です。
演奏時間はおよそ40分にわたります。
アストル・ピアソラ研究ご専門の音楽評論家、斎藤充正さんによると、
この1965年にリリースされたアルバム『エル・タンゴ』はステージで全曲まとめて
演奏された形跡がないとのことで、文字通り今回のライヴは大変貴重な機会になると
思われます。

8日(土)夜公演はまだお席がございます。
『エル・タンゴ』の余韻に酔いしれて、終演後には美味しいお酒で乾杯!というのはいかがでしょうか?
9日(日)昼公演は残席が約20席。S席は完売しています。
http://mitaka.jpn.org/ticket/1209080/

みなさまのお越しをお待ちしております。

三鷹市芸術文化センター
風のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»