VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 星のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

【太宰治作品をモチーフにした演劇公演】 太宰の初期の短篇「逆行」をベースに、劇団MCR櫻井智也が描く 『逆光、影見えず』 6月24日(金)開幕!

作・演出:櫻井智也  2016年 6月24日(金)~7月3日(日) 三鷹市芸術文化センター星のホール

2016年6月22日星のホール演劇・舞台担当(森元隆樹)
『逆光、影見えず』チラシの表面より


病床にある男、目を強く瞑り、
暗闇の中で銀粉を撒き散らす蝶々を追いかける。
追いかけるうち、自らは時を遡り、幼少期にまで辿り着く。


太宰治の作品「逆行」をベースに、
どうにもならなかった男が
「何がどうして」どうにも ならなかったのかを、
明るい罵詈雑言を交えて賑やかに振り返りつつ、
結果、終末へと進んでいく姿をユーモラスに綴る、
若き異才・櫻井智也の描く太宰治の世界!


////////////////////////////////////////

MCR+三鷹市芸術文化センターpresents
太宰治作品をモチーフにした演劇公演 第13回

『逆光、影見えず』

作・演出:櫻井智也
2016年 6月24日(金)〜7月3日(日) 全11公演

【作・演出】
櫻井智也

【出 演】
小野ゆたか(パラドックス定数)、川島潤哉、
堀 靖明、日栄洋祐(キリンバズウカ)、三瓶大介、川村紗也、
後藤飛鳥(五反田団)、道田里羽、
櫻井智也、おがわじゅんや、北島広貴、伊達香苗

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【今回の公演に寄せて、作・演出の櫻井智也さんからのメッセージ】
若い頃、ゲームセンターでバイトしている時、
バイト中に太宰の小説を読み漁っていたことを思い出します。
なぜあの時、猛烈に太宰にのめりこんだのか、仕事中にあんなにのめりこんで、
何故バイトをクビにならなかったのか不思議ですが、
太宰にはきっと「何事を置いても太宰」という求心力があるんだと思います。
求めて吸い込んだ分、吐き出したいと思います、頑張ります。


【太宰治作品をモチーフにした演劇】
三鷹市芸術文化センターでは、三鷹ゆかりの太宰治を偲び、
平成16 年より「太宰治作品をモチーフにした演劇」公演を上演してまいりました。
これは太宰作品(小説や戯曲)をそのまま上演する、または、
太宰作品をモチーフにしながら太宰のエッセンスに溢れた,
オリジナル作品を作り上げるという企画で、今年で13回目となります。


【メインモチーフ作品:太宰 治 『逆行』】
1935年(昭和10年)発表。
「蝶々」「盗賊」「決闘」「くろんぼ」という全四篇で構成されている。
同年、第一回芥川賞の候補作となるも、受章は逃がした。
翌36年刊行の、太宰治の第一創作集『晩年』に収録された。

////////////////////////////////////////////////////////////

【チケットのお求め】
◎三鷹市芸術文化センター 
 電話予約0422-47-5122(午前10時~午後7時)
 インターネット予約(事前登録無料が必要となります)http://mitaka-art.jp/ticket

<<<<<>>>>>

ご来場、お待ちしております。

<<<<<>>>>>

三鷹市芸術文化センター
星のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»

VOICE
星のホール