VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 星のホール

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

『男はつらいよ』連続上映会、次回3月19日は、吉永小百合演じる「歌子」再びの登場!同時上映のマドンナは十朱幸代!

昼の部11:00/夜の部16:00上映開始/各回2本立て/全席指定席/チケット好評発売中!良い席はお早めに!

2016年2月20日星のホール演劇・舞台担当(森元隆樹)
©1974 松竹株式会社

吉永小百合演じる『歌子』と、2年ぶりに再会する寅さん!
<シリーズ第13作『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』 マドンナは吉永小百合!>

旅から戻るや否や、皆を集め、「結婚するかも」と口にした寅さん。
一同大騒ぎの中、真偽を確かめるため、さくらとタコ社長が、
その女性に会いに行ってみたのだが・・・。
やがて再び旅の空に戻った寅さんは、
歌子(第9作のマドンナ/吉永小百合)に偶然再会。
幸せになったはずの彼女は、夫と死別し、辛い日々を送っていたのだった。

★シリーズ第9作の公演情報はこちらをご覧下さい
  http://mitaka.jpn.org/ticket/1601230/


旅は道連れ、世は情け!慣れない子守りで、寅さんダウン寸前!
<シリーズ第14作『男はつらいよ 寅次郎子守唄』 マドンナは十朱幸代!>

九州の港町で、女房に逃げられ乳飲み児を抱えた男に同情し、
酒を奢ってやった寅さん。ところが翌朝目を醒ましてみると
「この子をよろしくお願いします」との置き手紙が。
仕方なく、赤ん坊を抱いて、疲労困憊の末に柴又まで帰ってきた寅さんだったが、
熱を出した赤ん坊を診てもらった病院の、看護師さんに一目惚れしてしまい・・・。

<<<<<>>>>>

吉永小百合と十朱幸代のマドンナで贈る
3月19日(土)上映の『男はつらいよ』

お見逃しなく!

//////////////////////////////////////////////////////////////////

『男はつらいよ』第13作&第14作 2本立て上映

2016年3月19日(土) 昼の部11:00/夜の部16:00上映

第13作『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』 マドンナ 吉永小百合
第14作『男はつらいよ 寅次郎子守唄』 マドンナ 十朱幸代

詳細はこちら http://mitaka.jpn.org/ticket/1603190/
松竹の寅さん特設サイトはこちら https://www.tora-san.jp/

【チケット料金】 全席指定席です!
財団友の会会員=900円 一般=1,000円 学生=800円
各回2本立/昼夜入替制

【チケットのお求め】
◎三鷹市芸術文化センター0422-47-5122(10時~19時/月曜休館)
◎三鷹の財団HP http://mitaka-art.jp/ticket/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

星のホールのスクリーンサイズ、横8m30㎝✕縦3m60㎝。

ぜひ大きなスクリーンで、大笑いしてもらいたい。

もちろん、TVでも、DVDでも観られるけれど、やっぱり寅さんを大きなスクリーンで、
そして、多くのお客さんと一緒に笑って泣いて、楽しんでいただきたい。

2015年の1月~4月に上映した『第1作~第8作連続上映』のご好評に応え、
「男はつらいよ」が帰ってきました!

寅さん、さくら、博、おいちゃん、
おばちゃん、たこ社長、源公、御前様。

渥美 清、倍賞千恵子、前田 吟、松村達雄に下條正巳、
三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、笠 智衆。

その名前を思い浮かべるだけで「やっぱりいいなあ」と笑顔がこぼれ、
江戸川の土手が、柴又の町が、祭りに沸く門前町が、そして、津々浦々の風景が、
さりげない人情とともに、心の中にゆっくりと広がっていく。

渥美 清の上手さに唸り、脇を固める芸達者との掛け合いに笑って泣ける、
「男はつらいよ」を、ぜひ、大きなスクリーンでお楽しみください。

★右下の『公演・展示情報へ』ボタンをクリックすると、公演詳細をご覧いただけます。

三鷹市芸術文化センター
星のホール

〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
0422-47-5122 (チケットカウンター)
0422-47-9100 (施設受付・事務局)
busアクセスMAP»

VOICE
星のホール