VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 三鷹市公会堂

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

いよいよ明日!【鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団ARTE Y SOLERA】"BAYS"

2013年8月 3日三鷹市公会堂音楽・ホール担当(mamitalia)


三鷹市公会堂では、昨日2日(金)までさんさん館の多目的会議室において、
親子ワークショップ【はじめてのフラメンコ】を3日間開催していました。

本日は、朝から4日(日)に開催いたします公演"BAYS"Best of ARTE Y SOLERAの
舞台仕込み~通し稽古を行いました。

心が擦り切れるような、ヒリヒリとした
火傷するような熱い

心を焦がし、火傷するような熱い想い
心が擦り切れるような、ヒリヒリとした辛い想い
愛される喜び、愛を失ったときの哀しみ

様々な想いの込められた人生賛歌を
ソロやパレハ(デュエット)、群舞で
しなやかな肉体と繊細な心を通して高らかに表現していく
鍵田真由美、佐藤浩希、ARTE Y SOLERA
日本カンテ界の先駆者で、「エル・カルテーロ」(郵便配達人=瀧本の愛称)
の名をスペイン中に知らしめたカンタオール(フラメンコ歌手)の瀧本正信、
三鷹では風のホールで行われた沖仁 フラメンコギター・ライヴでもおなじみの
日本を代表する実力派カンタオール、石塚隆充、
数少ない日本人カンタオーラ(女性フラメンコ歌手)で、
心に深く染み入る、豊かな声で作品の世界を切々と歌いあげる川島桂子、
渡西を重ね、ヒターノ達のフィエスタをこよなく愛し、
スペインの風、空気、日差しを奏でるギタリスト、斎藤誠。

確かな技術と豊かな表現力をもった彼らでこそ創造しうる
レビューさながらの華麗なステージ。

これまで担当Mは何度もARTE Y SOLERAのステージに足を運びました。
作品を観終わるたびに、今ここに生きていることへの感謝と喜びを感じます。
まさに一期一会のステージの連続なのです。

真夏の太陽のように熱いステージ。ぜひともご覧ください!

三鷹市公会堂

〒181-8555
東京都三鷹市野崎1-1-1
busアクセスMAP»