VOICE*ヴォイス
お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

次回企画展予告「米谷清和展~渋谷、新宿、三鷹~」

2015年12月 5日三鷹市美術ギャラリー美術担当(YO)
「夕暮れの街」 1992年 190.0×200.0cm 雲肌麻紙・岩絵具 三鷹市美術ギャラリー蔵

三鷹市美術ギャラリーでは2016年1月16日から「米谷清和展~渋谷、新宿、三鷹~」の開催を予定しています。

日本画家・米谷清和(よねたにきよかず 1947年~)は、師である横山操(1920-73年)も暮らした三鷹にアトリエを構え制作を続けています。同時代の都会の人々や風景が描かれた作品の中から、特に渋谷、新宿、三鷹周辺を描いた47点を展示します。

「何気な春」 2015年 190.0×380.0cm 雲肌麻紙・岩絵具


米谷清和展~渋谷、新宿、三鷹~

会期:2016年1月16日(土)~3月21日(月・祝)
休館日:月曜日(3/21は開館)
会場:三鷹市美術ギャラリー
  〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5F
  Tel.0422-79-0033
主催:(公財)三鷹市芸術文化振興財団・三鷹市美術ギャラリー
観覧料:一般 600円/65歳以上・高大生 300円
    中学生以下および障害者手帳お持ちの方は無料

http://mitaka.jpn.org/ticket/160116g/

画像:
(上)「夕暮れの街」 1992年 190.0×200.0cm 雲肌麻紙・岩絵具 三鷹市美術ギャラリー蔵
(下)「何気な春」 2015年 190.0×380.0cm 雲肌麻紙・岩絵具


**********************************************
12月は一般貸出による展示となります。
http://mitaka.jpn.org/voice/docs/151201art.pdf