VOICE*ヴォイス
お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

川崎のぼる展 はじまりました

2015年8月 5日三鷹市美術ギャラリー美術担当(S.T)
「荒野の少年イサム」(原作:山川惣治) カラー表紙 集英社 『週刊少年ジャンプ』 1972(昭和47)年4/8増刊号

「川崎のぼる ~汗と涙と笑いと~ 展」が8月1日から始まりました。

川崎のぼるといえば、「巨人の星」〔原作:梶原一騎〕、「いなかっぺ大将」が有名ですが、それらとならんで多くのファンから愛されているのが「荒野の少年イサム」〔原作:山川惣治〕です。

1971年から週刊少年ジャンプに連載されたこの作品は、10代の頃から西部劇が大好きだった作者にとって強い思い入れがあり西部劇マンガの集大成となります。

本展では、「荒野の少年イサム」のカラーおよびモノクロ原画約20点のほかに、1963年に少年ブックに連載された初期の西部劇マンガ「大平原児」原画も紹介しています。

この機会に貴重な生原画を是非ご覧ください。

「大平原児」 第4話 カラー扉 集英社 『少年ブック』 1964(昭和39)年6月号付録

川崎のぼる~汗と涙と笑いと~展


会期:2015年8月1日(土)~10月12日(月・祝)
休館日:月曜日(9/21・10/12は開館)、9/24(木)
会場:三鷹市美術ギャラリー
  〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5F
  Tel.0422-79-0033
主催:(公財)三鷹市芸術文化振興財団・三鷹市美術ギャラリー
協力:講談社、ソニー・デジタル エンタテインメント、神戸新聞社
観覧料:一般 600円/65歳以上・高大生 300円
    中学生以下および障害者手帳お持ちの方は無料
 ※ 20名以上の団体(一般)は480円
 ※ こどもと一緒割引:中学生以下のお子様と一緒にご来館の方
           (こども1名につき同伴者2名まで)は480円 

  http://mitaka.jpn.org/ticket/150801g/

画像:
(上)「荒野の少年イサム」(原作:山川惣治) カラー表紙 集英社 『週刊少年ジャンプ』 1972(昭和47)年4/8増刊号
(下)「大平原児」 第4話 カラー扉 集英社 『少年ブック』 1964(昭和39)年6月号付録