VOICE*ヴォイス
お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

次回展覧会予告「華麗なるインド」展

2013年2月 8日三鷹市美術ギャラリー美術担当(S.T)
ターバン(部分) ラジャスタン州、ジャイプール 19世紀後期 巻き絞り染め ラハリア、モトゥラ 木綿モスリン 1575×15cm

立春をすぎ、春が待ち遠しい毎日ですね。

三鷹市美術ギャラリーでは、4月13日から開催の「華麗なるインド」展にむけて準備を進めています。


右の画像は18世紀後半ラジャスタン州で製作されたターバンですが、数本を並べたものではなく、途中で幾度も模様を変えて染められた一本のターバンです(15×1,575cm)。今回出品されるターバンの長さは短いもので9m、長いものでは16m近くあります。染織の技巧を凝らしたターバンは貴族階級の男性にとってはお洒落であり、種族や階級を表していました。

本展覧会では16世紀末から19世紀半ばにかけて描かれたインド細密画と染織を併せてご紹介します。