VOICE*ヴォイス

VOICE*ヴォイス > 太宰治文学サロン

お知らせ
音楽担当
演劇・映画・古典芸能担当
美術担当
文芸担当

平成26年度上半期の太宰治作品朗読会が終了しました

2014年10月26日太宰治文学サロン文芸担当(倉持)
原きよさん

9月20日(土)に原きよさん(フリーアナウンサー・朗読家)にご出演いただき、平成26年度上半期の朗読会が終了しました。
原さんには「美男子と煙草」「作家の手帖」「ア、秋」を朗読していただきました。情景が浮かんでくる朗読に魅了されました。三作品の朗読は、太宰の多様な作品の魅力を感じられる朗読会となりました。

毛利まこさん

そして下半期の朗読会は、毛利まこさん(俳優・脚本家)でスタートしました。
毛利さんには、「乞食学生」を朗読していただきました。多彩な声色を使い分ける朗読に引き込まれました。「乞食学生」は玉川上水、万助橋、井の頭公園が舞台として描かれる作品で、太宰が生きたまち・三鷹を感じていただく機会にもなったのではないでしょうか。

太宰治文学サロンでは、毎月朗読会を開催しています。いずれの回も定員を超える多くのご応募をいただきました。下半期も俳優、声優、アナウンサーなど、多彩な朗読者にご出演いただく予定です。開催日や出演者などの情報はHP、広報みたか、財団広報誌marclなどでご確認ください。下半期もたくさんの方のご参加をお待ち申し上げます。

太宰治文学サロン

〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-16-14
グランジャルダン三鷹1階
☎・Fax0422-26-9150
busアクセスMAP»