パソコンで予約携帯予約
チケットのお求め方法託児サービス友の会ご案内
音楽
演劇
映画
古典芸能
美術
文芸
インタビュー
動画

ドーミエとグランヴィル

ドーミエとグランヴィル~戯画と挿絵の黄金時代~

オノレ・ドーミエ
オノレ・ドーミエ《写真術を芸術の高みまで引き上げるナダール》プールヴァール 1862年 リトグラフ 伊丹市立美術館蔵

図録発売中

2011年 4月16日(土)~5月29日(日)

【開館時間】 10:00〜20:00(入館は19:30まで)
【休館日】 月曜日
【会 場】 三鷹市美術ギャラリー
〒181-0013 三鷹市下連雀3-35-1 三鷹駅前 CORAL(コラル)5階→会場地図
【観覧料】 会員=480円 一般=600円 65歳以上・学生(大・高)=300円
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料
【関連図録】 ドーミエとグランヴィル~戯画と挿絵の黄金時代~

19世紀中頃、不安定に揺れ動くフランスにあってパリは近代の都市として生まれ変わる途上にありました。その混乱と変革の魅力に満ちたパリに活躍の場を得て、時代を象徴する作品を生み出した二人の画家がいました。

ひとりはオノレ・ドーミエ(1808〜1879)、そしてグランヴィルという通称で知られるジャン・イニャス・イジドール・ジェラール(1803〜1847)。彼らは7月革命で王位についたルイ=フィリップとその閣僚を題材にユーモアと痛烈な批判をともなう戯画を週刊誌『ラ・カリカチュール』や日刊の風刺新聞『ル・シャリヴァリ』等で発表し、フランスにおける風刺画の黄金期を築きました。これら政治的な作品は1835年に発令された言論弾圧法により中断されますが、以後はそれぞれ独自の分野においてその才を発揮することになります。

ドーミエはその視点を都市の社会風俗に移し、翻弄されながらもしたたかに生きる中産階級や労働者、平凡な庶民の姿を描き、画壇やアカデミズムとは異なるジャーナリズムの世界からレアリスム運動を推し進めてゆきます。一方のグランヴィルは、風刺画の時代から用いていた動物や植物を擬人化する手法を挿絵の分野で発展させ、その幻想的な世界は『不思議の国のアリス』の挿絵画家ジョン・テニエルにも影響を与え、現在ではシュルレアリズムの先駆的作品として位置付けられています。

本展は、ほぼ同時期に活躍したドーミエとグランヴィルというふたりの異才をとりあげ、画壇ではなく大衆から生み出された19世紀フランス美術の一端を紹介するものです。

【オノレ・ドーミエ作品】
オノレ・ドーミエ
幕を降ろせ、道化芝居は終わった
ラ・カリカチュール 1834年
リトグラフ
伊丹市立美術館蔵
オノレ・ドーミエ
くたばったなラファイエット!・・・ざまあ見ろ!
月刊リトグラフ協会 1834年 
リトグラフ 
伊丹市立美術館蔵
オノレ・ドーミエ
シャリヴァリのパレード 
ル・シャリヴァリ 
1839年 
ペンリトグラフ、手彩色
オノレ・ドーミエ
ラタポワール 
1960年鋳造
(1850年頃塑像原型)
ブロンズ
伊丹市立美術館蔵
【J.J.グランヴィル作品】
J.J.グランヴィル
カラスどもに好き勝手にされる
フランス女神 
ラ・カリカチュール 1831年 
リトグラフ、手彩色
J.J.グランヴィル
吹くがよい、決して消せないから 
ラ・カリカチュール 1834年 
リトグラフ
J.J.グランヴィル
当世風変身譚』より 
1829年刊 
リトグラフ
J.J.グランヴィル
『生きている花々』
より〈ツバキ〉
1867年刊
(初版1847年) 銅版

関連プログラム

【ワークショップ】こどもアートクラブ

こどもアートクラブ

【日 時】 2011年5月14日(土) 10:30〜15:30
【会 場】 三鷹市美術ギャラリー、三鷹市芸術文化センターB1F・アートスタジオ
【企画・進行】 NPO MAG-net(マグネット)
【対象・定員】 小学生・20人
【参加費】 2,000円(材料費込み)
【チラシ】 ダウンロード [PDF: 288KB]
【申込方法】 往復はがき または faxにて
1)住所 2)氏名(ふりがな) 3)性別 4)学校名 5)学年
6)電話番号・fax番号(faxでお申込みの方にはfaxで返信いたします) 7)どこから情報を得たのか
8)往復はがきの方は返信用はがき宛先(住所・氏名)をご記入のうえ、
〒181-0013 三鷹市下連雀3-35-1 三鷹市美術ギャラリー「HANGA NEWS」係 宛(fax:0422-79-0030)にお送りください。
【応募締切】 2011年4月30日(土) 必着 *なお応募者多数の場合は抽選になります。

【ボランティアガイド募集】ギャラリートークに参加してみませんか?

三鷹市美術ギャラリーでは、この展覧会で来館者(主に小学生)に1回30分程度の対話型ギャラリートーク*を行う無償ボランティアガイドを募集します。

*対話型ギャラリートークとは、展覧会をガイド(案内役)とともに鑑賞するプログラムの一種です。ガイドは、来館者と一緒に話しながら、対話形式でトークをおこないます。作品に関する知識を説明する解説型ガイドではありませんので、お気軽にご応募ください。担当学芸員と講師による事前研修に参加可能な方をお待ちしております。

【研修日時】 2011年4月19日(火) 10:30〜15:30(予定)
【講 師】 NPO MAG-net(マグネット)
【応募方法】 4月12日(火) ※必着 までに履歴書を郵送してください。
【送付先】 〒181-0013 三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5階 三鷹市美術ギャラリー ボランティアガイド係
【チラシ】 ダウンロード [PDF: 300KB]
【お問い合わせ】 三鷹市美術ギャラリー TEL: 0422-79-0033

関連情報

企画展アーカイブ
三鷹市美術ギャラリー