パソコンで予約携帯予約
チケットのお求め方法託児サービス友の会ご案内
音楽
演劇
映画
古典芸能
美術
文芸
インタビュー
動画

リチャード・ゴーマン II

リチャード・ゴーマン II
0.《Sling Blue》2009年
150×150cm 油彩、カンヴァス

Oh Yellow
1.《Oh Yellow》 2008年
80×80cm 油彩、カンヴァス

図録発売中

2010年 9月11日(土)〜10月24日(日)

【開館時間】 10:00〜20:00(入館は19:30まで)
【会 場】 三鷹市美術ギャラリー
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL(コラル)5階→会場地図
【休館日】 月曜日(9/20(月)、10/11(月)は開館)、9/21(火)、10/12(火)
【観覧料】 会員480円 一般600円 65歳以上・学生(高・大)300円
*中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料
【主 催】 (財) 三鷹市芸術文化振興財団・三鷹市美術ギャラリー
【後 援】 アイルランド大使館
【協 賛】 アイルランド文化庁

現代アイルランドを代表する画家リチャード・ゴーマンは、1946年ダブリンに生まれました。名門トリニティ・カレッジで経営学を学び自動車業界に就職しますが、少年の頃からの画家への夢を断ちがたく、30歳にして美術大学へ入学しました。面と線による単純な形と純粋な色彩で抽象美を追究する作品の数々は、欧米で高い評価を得ています。

当館では1999年開催の「リチャード・ゴーマン展 アイルランド──奇跡の抽象」において公立美術館としては国内で初めてゴーマンを紹介しました。彼と日本の関係は深く、90年代初め福井県今立町(現:越前市今立郡)に長期滞在し自ら和紙を漉くことから始まり、以後も定期的に来日しては大きいものでは畳一畳ほどもある和紙作品を制作しています。

「私の作品を見るときには論理的思考をつかさどる『左脳』を使って解釈しようとするのではなく、空間のつながりを感じる力をもつ『右脳』を使って色や形を楽しむ自由を味わって欲しい」と語ったゴーマン。ミラノにある質素な自宅兼アトリエから生み出される作品には、絵を描くという自らの道をひたむきに歩む彼の生活=人生そのものが結実しています。前回の企画展から10年余が経過した今、近年更なる展開をみせる画家の軌跡を油彩・版画65点によりたどります。

──おかえりなさい、Mr.ゴーマン。

Sling Green One
2.《Sling Green One》 2010年
150×150cm 油彩、カンヴァス
Shuffle on Green
3.《Shuffle on Green》 2009年
90×63cm 木版、紙
Big Red
4.《Big Red》 2005年
152×107cm 木版、紙

©Richard Gorman Photo credit No.0, 1, 2: ©Salvatore Licrita, No.3, 4: ©Mitsuru Goto

リチャード・ゴーマンさんへのメールによるインタビュー(2010年7月)

──どのような時に作品のアイデアを着想されるのでしょうか?
Photo: Eugene Langan
Photo: Eugene Langan

アトリエではいつもひとりで作業しているのですが、絵画作品のアイデアは、以前に作った作品から発展して着想したり、描いている過程での作品の変化がさらにその次のアイデアにつながったりする場合もあります。

──イタリア、アイルランド、日本… 滞在される国によって制作される作品には違いが生まれますか?

それは難しい質問ですね。でも作品の制作にはその土地の影響は受けていると思います。アイルランドは雨か曇りが多く、グレーの空に、緑の草、アースカラーに覆われています。一方、イタリアは太陽が降り注ぎ明るい、日本もそれに近いです。そのような日本やイタリアの風土が私の作品に作用したことは確かだと思います。

──この10年間、日本に何度も滞在されているそうですが、日本の魅力はどのようなところとお考えでしょうか?

日本の人々や文化、また、大江健三郎や谷崎潤一郎、川端康成などの作家に代表される文学も好きです。浮世絵に対しても非常に尊敬の気持ちを持っています。

今回の展覧会は10年前の展示以降の自分の軌跡をお見せする、他ではない展覧会になると思いますし、このような機会を与えてくださったことに大変感謝しています。

関連プログラム

出品作家といっしょに森の秘密をさぐろう。自分だけの色とかたちをつくってみよう!

【日 時】 2010年 9月20日(月・祝) 10:30〜15:30
【会 場】 三鷹市美術ギャラリー、三鷹市芸術文化センターB1F・アートスタジオ
【企画・進行】 NPO MAG-net(マグネット)
【対象・定員】 小学生・20人
【参加費】 2,000円(材料費・税込み)
【申込方法】 往復はがき または faxにて
1) 住所 2) 氏名(ふりがな) 3) 性別 4) 学校名 5) 学年 
6) 電話番号・Fax番号(faxでお申込みの方にはfaxで返信いたします) 7) どこから情報を得たのか
8) 往復はがきの方は返信用はがき宛先(住所・氏名)をご記入のうえ、
〒181-0013 三鷹市下連雀3-35-1 三鷹市美術ギャラリー (1)「探検しよう!」係 宛
(fax:0422-79-0030)にお送りください。
【応募締切】 9/11(土) 必着 *なお応募者多数の場合は抽選になります。

出品作家といっしょに色とかたちであそぼう

【日 時】 2010年10月3日(日) 14:00〜16:00
【会 場】 三鷹市美術ギャラリー
【企画・進行】 NPO MAG-net(マグネット)
【対象・定員】 小学生・10人
【参加費】 500円(材料費・税込み)
【申込方法】 往復はがき または faxにて
1) 住所 2) 氏名(ふりがな) 3) 性別 4) 学校名 5) 学年 
6) 電話番号・Fax番号(faxでお申込みの方にはfaxで返信いたします) 7) どこから情報を得たのか
8) 往復はがきの方は返信用はがき宛先(住所・氏名)をご記入のうえ、
〒181-0013 三鷹市下連雀3-35-1 三鷹市美術ギャラリー (2)「レッツ・ゴーマン!」係 宛
(fax:0422-79-0030)にお送りください。
【応募締切】 9/24(金) 必着 *なお応募者多数の場合は抽選になります。

関連情報

企画展アーカイブ
三鷹市美術ギャラリー