髙島野十郎TAKASHIMA Yajuro, 1890−1975年

髙島野十郎《けし》
《けし》
1925年 カンヴァス・油彩 53.1×41.0cm

髙島野十郎《蝋燭》
《蝋燭》
制作年不詳 カンヴァス・油彩 22.6×15.5cm

福岡県御井郡合川村(現・久留米市東合川)生まれ。本名は弥寿(やじゅ)。

福岡県立中学明善校卒業後、名古屋の旧制第八高等学校を経て東京帝国大学農学部水産学科入学。
1916年同学科を首席で卒業した後、絵画の制作に専念する。

1924年銀座・資生堂にて初個展開催。1928年渡邊光徳や梶原貫吾らと「黒牛会」を結成(30年解散時まで出品)、その後は美術団体に属さず単独での制作を貫く。1929年から4年間米国経由で欧州に滞在し、帰国後福岡の郷里に戻る。1935年福岡で滞欧作品展を開催した後、再び東京・青山へ転居し、風景画および静物画を中心に制作。1960年都市開発の喧噪を避け千葉県柏市に転居。1975年野田市にて死去。享年85歳。

1986年福岡県立美術館にて初の回顧展が開催される。
2005-06年「没後30年 髙島野十郎展」(三鷹市美術ギャラリー、福岡県立美術館)開催。
2010年三鷹市美術ギャラリー開催「画家のかたち、情熱のかたち-桜井浜江 髙島野十郎 田中田鶴子 ラインハルト・サビエ-」展に出品。
2011年「髙島野十郎 里帰り展」(石橋美術館)開催。