加納光於KANO Mitsuo, 1933年−

加納光於《植物 No.1》
《植物 No.1》
1955年 紙・銅版 20.5×10.6cm

加納光於《芽》
《芽》
1955年 紙・銅版 29.3×21.3cm

東京都生まれ。病弱で中学校中退。あらゆる知識を独学で得る。

1953年自ら設計した銅版画プレス機で制作を始める。
1955年《植物》(私家版)刊。

1956年最初の個展。始めは銅版画でモノクロ世界を表現するが、後に亜鉛板を用いた金属版画で色彩が現れる。

1959年リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展近代美術館賞、1961年第6回、1965年第8回日本国際美術展優秀賞、1962年第3回東京国際版画ビエンナーレ東京国立近代美術館賞等受賞多数。

2000年愛知県美術館、2013年神奈川県立近代美術館で回顧展。

モノクロームの画面に絶対の宇宙を創造するかのように出発した作家が、絶え間なく流動する色彩に見ているものは時間の流れか、宇宙の摂理か。